セフレサイトでセフレ探しを爆速させる方法

『花屋の彼女』

そのAという彼女は、男たちのあこがれの的で、これまで多くの男性たちが言いよっては口説き落とそうとしたにもかかわらず、誰ひとりそれに成功したものはいませんでした。
僕もまた、その不成功の男の一人でした。Aは、駅前にある花屋の店員で、彼女目当てに店を訪れる男性客が多いので有名でした。
じつは僕もまた毎日のように彼女のいる店に花を買いに通っていました。口説いたと言っても、僕の場合は、いちどお茶を誘った程度のことで、何人もの男から結婚まで申し込むれたこともあるAからみれば、自分なんか記憶の底辺にさえ残っていない塵のような存在かもしれません。彼女に近づく手立てとしては、花を買うほかなく、それがそんな高いものでないのがせめてもの救いでした。
僕が花を買うのはいつも、会社の帰りの六時頃のことでした。明るい照明の下、一杯の花にかこまれて働く彼女の姿は、光と色彩にみちた印象派の絵のようにみえました。
「あのう、女性にプレゼントする花なんですが………」
と、その日も店に立ち寄った僕は、彼女に向っておずおずと切り出しました。
「とても好きな相手で、でもこれまで一度も、心を打ち明けたことがないのです。そんな相手にプレゼントするには、どんな花がふさわしいでしょうか」
それがまるまる彼女であることは言うまでもありません。
「どうしてうちあけないのですか」
「はずかしくって。なにせ相手はすごい美女で、気立てもよくて、優しいときてる。そんな彼女に、僕なんかという気持ちがあるのです」
「自信がないということですか。それなら、何も花なんか贈らずに、最初からあきらめなさい」
「ずいぶんはっきりいうんですね」
「あなたの煮え切らない態度を見ていると、はっきりも言いたくなります。女はそういうの、大嫌いよ。たとえ恥ずかしかろうが自信がなかろうが、断崖絶壁からえいと飛び降りる気持ちでぶつかってくる男性―――女が求めるのは、そんな彼なの」
「とにかく花を売ってください。あなたがその花を贈られて、これならその男性とつきあってもいいと思うような花を」
「私が、ですか………」
彼女は周囲の花立てをしばらく物色してから、その中から数本を選んでみせました。
「私なら、これね」
「じゃ、それください」
「私が試しに選んだたけよ」
「いいから、それ包んでください。僕、それをあなたにプレゼントします」
「え」
彼女は驚いたように僕をみかえしました。
「ほんとにいいの?」
「はい」
「これ、うちで最高級の花ばかりで、一本数万円するんだけど、かまわないかしら」
「かまいません」
きっぱりと言う僕を、彼女はじっとながめました。
僕にとってその花を買うのは、まさに断崖から身を投げるのにもひとしいことでした。
「ありがとう」
彼女は笑顔になると、僕の手を、ぎゅっと握りしめてくれました。

純愛も良いですが、セフレ関係は気楽で良いものです。どっちかというと男はセフレ、女はセックスフレンドって名前で呼ぶことが多い気がしますね。

出合い系サイトのPCMAXやハッピーメールでみつけるのが最短のセフレ探し方法だと思います。
セフレとは若干異なるのですが、愛人探しに関してはおすすめの愛人募集掲示板で見つけるのがオススメですね。やはり愛人関係にはゴタゴタしたイザコザがつきものですから、そういった面倒な問題を回避するには愛人選びに注意する必要があります。

昔は経済的に圧倒的に成功した男性が愛人を侍らせることが多かったのですが、最近はそうでもないようで、セックスフレンドと愛人関係の境が融和してきている感じがありますね。

theme by tesla